[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争うGPファイナルが5日(日本時間6日)、イタリアのトリノで開幕した。男子ショートプログラム(SP)があり、3年ぶりにファイナルに出場した羽生結弦(ANA)は97・43点で2位発進。首位は110・38点のネーサン・チェン(米)。男子フリーは7日にある。

 羽生は3本目のジャンプの4回転トーループ―3回転トーループの連続ジャンプが単発になるミスが出た。演技後は悔しそうな表情を浮かべたが、「悔しいと言っていてもしょうがない。フリーに向けて色々考えたい」と前を向いた。