[PR]

 「ロンサーフの夜」という題名の詩集ができた。耳慣れないカタカナことばは抗がん剤の名前だ。26歳で世を去った娘の生涯を、父である詩人が、25の詩に祈りを託して刻んだ。

 列車から見える/どの家も/その家に納まるほどの/かなしみを抱えている(「かたち」から)

 詩集はそう始まる。

 筆者は河野俊一さん(62)。大分県内で地歴公民科の高校教諭をしながら、詩集の制作を重ね、県詩人連盟の理事長も務める。

 長女の晃子さんを詩に書くようになったのは、晃子さんが急性リンパ性白血病を発症した3歳の頃からだ。病と向き合う娘の姿、それを見つめる自身の内面を、河野さんは少しずつ、書き残していった。

 再 も/発 も/希望の匂いが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら