[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争うGPファイナルが5日(日本時間6日)、イタリアのトリノで開幕した。男子ショートプログラム(SP)があり、3年ぶりにファイナルに出場した羽生結弦(ANA)は97・43点で2位発進だった。演技後の報道陣との主なやりとりは以下の通り。

 ――ミスした4回転トーループはどうなったのか。

 「悪くはなかったと思うんですけどね。力は入りすぎたかなと思っています」

 ――本番直前の6分間練習から4回転トーループ―3回転トーループをかなり練習していた。不安があったのか。

 「不安は誰にでもありますし、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら