[PR]

 松江の夏の風物詩「松江水郷祭」のメインイベント「湖上花火大会」について、来年は9月12日(土)開催と決まった。6日あった松江水郷祭推進会議(会長=田部長右衛門・松江商工会議所会頭)の総会で全会一致で決定した。8月は東京五輪・パラリンピックの影響で警備人員が不足するため。

 開催日数は、今年は8月3、4日の2日間にわたって花火が打ち上げられたが、来年は1日だけとする。

 1929年の開催以来、9月開催は初めてという。事務局の説明によると、松江警察署や警備会社に8月開催の予定で警備を打診したものの、五輪の警備準備が始まる来年7月からパラリンピック閉会式の9月6日までは警備や交通規制の面で人員確保が難しい状況との返答だったという。さらに9月にずらしても警備会社の人手不足もあり、1日のみの打ち上げとなった。

 打ち上げ総数は今年初日と同じ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら