[PR]

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された俳優沢尻エリカ容疑者(33)の東京都目黒区の自宅で、合成麻薬LSDも見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。いずれも、MDMAの共同所持容疑で逮捕された知人のファッションデザイナー横川直樹容疑者(38)から受け取ったと説明しているという。

 警視庁は11月16日、自宅の捜索でカプセル2錠に入ったMDMAの粉末0・198グラムを発見し、沢尻容疑者を麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕した。捜査関係者によると、その際に押収した紙片を鑑定した結果、LSDの成分が染み込んでいたことが判明したという。これまでの調べに、沢尻容疑者は「今までに大麻、MDMA、LSD、コカインを使った」と供述している。

 LSDは「アシッド」などと呼ばれ、少量でも強い幻覚作用があるという。