[PR]

 「桜を見る会」の招待者名簿をめぐり、菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、共産党議員が資料要求した時点で廃棄した名簿の再調査は行わない考えを示した。主なやりとりは次の通り。

 ――5日の会見で、国会議員からの資料要求は行政文書を前提としているとの説明があった。ただ、森友学園問題では財務省職員の「手控え」が後に公表された例もある。

 「財務省の文書については、財務省にお尋ねをいただきたい」

 ――手控えは行政文書にあたるか。

 「行政文書に該当するかどうかは、公文書管理法に基づいて各行政機関において個別の状況を総合的に考慮して、実質的に判断すると報告を受けている」

 ――小泉政権時、質問主意書に対し「国会議員から資料等の提供の要求があったときは、行政文書として存在しない場合であっても必要に応じ要求内容に沿った資料を新たに作成するなどの対応を行うこととしている」との答弁書を閣議決定している。今回の対応と矛盾はないか。

 「ご指摘のケースは今回の案件…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら