[PR]

 ストックホルムで10日午後(日本時間11日未明)、ノーベル賞授賞式に続いて、国王が参加する盛大な晩餐(ばんさん)会が開かれる。吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)ら受賞者を含む約1350人に、スウェーデンを表現するコース料理が振る舞われ、芸術的な花飾りが彩りを添える。

 料理は前菜、主菜、デザートの3品。約50人のシェフが4日かけて準備する。メインシェフのセバスチャン・ギブランドさん(31)は今年が初の大役。「名誉なこと。すごく光栄」と話す。ロンドンやパリのレストランで腕を磨き、国際的な料理コンテストでの受賞経験もある。

 メニューは当日まで秘密だが、スウェーデン産の食材で、野菜は根を含めてすべて使うなど、素材を生かした料理にするという。ワサビも取り入れる予定だ。「スウェーデンの味、私の魂を感じてほしい」

 花飾りの責任者は、5年連続と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら