[PR]

 米大リーグ・マリナーズを3月に現役引退したイチローさん(46)の名を冠し、出身地である愛知県豊山町で23年間続いてきた「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」が今大会で開催を終えることが、大会を主催するNPO法人「JBS豊山」への取材でわかった。

 JBS豊山の安藤弘治副理事長(75)は取材に「イチローさんの現役引退をもって、大会を終わることにした」と話した。

 イチロー杯は「野球の裾野を広げたい」というイチローさんの思いを実現しようと1996年、地元のスポーツ関係者が中心となって始めた。大会長を務めるイチローさんが閉会式に出席し、優勝・準優勝・3位のチームの選手たちにメダルをかける。

 イチロー杯は5~11月、競われる。24回目となる今年は、東海地方を中心に180チームが参加し、11月16日に決勝があった。今月22日に閉会式があり、23年の歴史の幕が閉じる。イチローさんも閉会式に姿を見せるという。