[PR]

 北九州市は6日、戸畑区役所で日赤の募金約77万円が紛失したと発表した。窃盗の疑いがあるため、戸畑署に11月に届け出て、同署が捜査しているという。

 市によると、紛失があったのは日赤募金事業。自治会や婦人会などが集めた昨年度分の募金約425万円を職員が受け取り、日赤県支部に送金することになっていた。今年7月、昨年度分の書類を整理していた今年度の担当者が送金額に約77万円の不足があることに気づいた。

 今春まで担当していた30代の男性職員に話を聞いたところ、2月に紛失に気づいたという。送金額の2割は活動資金などとして日赤から区役所や地元の団体などに交付される仕組みのため、この担当者は発覚を恐れ、交付額として振り込まれるはずの紛失分の2割(約15万円)を自己負担したと説明しているという。

 募金額は窓口で受理し、送金するまでは金庫で保管するが、出納簿やカギの管理がずさんだったという。(井石栄司)