[PR]

 西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」が6日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕した。トヨタ自動車やマツダ、メルセデス・ベンツやボルボなど、国内外27ブランドの最新モデルやコンセプトカーが約250台並ぶ。9日まで。

 大阪での開催は2年ぶり。会場には市販車のほか、電気自動車(EV)や自動運転車、バイクも展示され、各ブースには人だかりができていた。乗用車を改造したキャンピングカーを紹介するコーナーや、会場周辺の一般道を使った試乗会もある。7日には女性の車選びをサポートする「レディースDAY」を開く。子ども向けにバスやパトカーといった「はたらくクルマ」の展示や、タイヤ交換体験の企画も設けた。

 入場料は一般1700円、大学・専門学生1500円、高校生以下は無料。(久保田侑暉)