「ママの代わりになれ」 少女を苦しめた「父」の性虐待

有料会員記事

写真・図版
[PR]

きょうも傍聴席にいます

 「私は怒っています。一つはパパに対して。なぜ、あんなことをしたのか。もう一つ、嫌だと言い切れなかった自分に対しても。ママに申し訳ない。パパはママが大好きな人だったから――」

 この冬、関東地方のある裁判所の法廷に、被害者の少女が書いた意見を読み上げる女性弁護士の声が響いた。被告席の男は、ひざの上で握った拳を黙って見つめている。少女は、検察官席の後ろに立てられたついたての裏側で、自分が書いた意見を聴いていた。

 被告の男は少女の父だった。保護者の立場を利用して性交したとして、監護者性交罪で起訴された。初公判で父は、事実関係を認めた。起訴されたのは1回についてだけだったが、検察側の冒頭陳述や、父と少女の供述調書などによると、実態は違った。

 検察官が冒頭陳述などで明ら…

この記事は有料会員記事です。残り1647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら