拡大する写真・図版 クリスマスローストチキン=家老芳美撮影

[PR]

 もうすぐクリスマス。普段とはちょっと違うごちそうを考えている方のために、料理研究家のムラヨシマサユキさんから、ひとあし早い素敵なレシピの贈り物です。前日に仕込んでおく手間さえおしまなければ、パーティー当日は簡単で最高においしいクリスマスローストチキンができあがります。

漬けて焼くだけ、弁当作りに応用も

 1978年生まれの僕の世代だとクリスマスはお正月と同じくらい盛大に盛り上がる子供時代を過ごしてきたと思います。12月に入るやいなや、街にはクリスマスソングやオーナメントがあふれて、気分は当日に向かってまっしぐら。

 特に僕は、母が作るごちそうを家族で囲むのが毎年の楽しみでした。一番の関心事は、メニューに骨つきの鶏肉が入っているか否か。普段はそんなに骨つきのお肉を欲することはなかったと思いますが、なぜかクリスマスだけは、雰囲気に感化されて「骨つきでなくては!」と思い込んでいました。

 自分で作れる今となっては、ごちそうもケーキも手作りさせていたなんて、反省ばかり、母と父に感謝の気持ちしかありません。食の思い出は記憶に強く刻まれ、今でも薄れることがありません。

 クリスマス時期に、ホームパー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら