[PR]

 2004年以来、4度目のリーグ制覇か、悲願の初優勝か。サッカーの明治安田生命J1は7日、首位の横浜マと2位FC東京の直接対決で優勝が決まるという、劇的な最終戦を迎える。横浜マが、4点差以上で負けなければリーグ制覇という圧倒的に有利な状況。だが、FC東京の選手たちは「相手が横浜マなら可能性はある」と大逆転を狙っている。

 33節まで終了した今季のJ1の全297試合のうち、4点差以上で勝負が決まった試合は15試合。起こる確率は5・1%だ。前節右肩を脱臼して途中交代したが、横浜マ戦で先発する予定のFC東京・FW永井は「めちゃめちゃ低い」と苦笑いする。FC東京の逆転の可能性となれば、さらに低くなる。長谷川監督も「1%、もっと少ないかもしれない」と語っている。

 しかも、得点ランク3位の14…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら