[PR]

 滋賀県高島市新旭町深溝の石田弘子さん(74)が「琵琶湖治水に命をかけた藤本太郎兵衛三代」を出版した。江戸時代後期、3代にわたって琵琶湖の水害から農民を救うために尽力した地元・旧深溝村の庄屋・藤本太郎兵衛の功績を調査し伝えてきた集大成だ。石田さんは「郷土の誇りを語り継いでもらえたら」と話す。

 石田さんは1982年、新旭町教育委員会の嘱託職員として「新旭町誌」の編纂(へんさん)に関わった。地域を回って古老らに話を聞く中で、太郎兵衛が琵琶湖の水害から農民を救うために尽くしたことを知った。藤本家や水害を知る関係者、古文書などにもあたって調べた。

 非常勤講師として中学校で地元の歴史を教えながら、3代の功績を教師や児童・生徒に伝えてきた。今回は新たに書き下ろした。

 著書では、琵琶湖から唯一流れ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら