拡大する写真・図版 第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)の会場で、多くの報道陣やNGO関係者、やじ馬らに囲まれるグレタ・トゥンベリさん(中央)。会場は一時大混乱になった=6日、スペイン・マドリード、松尾一郎撮影

[PR]

 地球温暖化対策を話し合う第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)のスペイン・マドリードの会場に6日、環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16)が、ほぼ予告なしに登場した。会場内で開かれた若者組織「フライデーズ・フォー・フューチャー」の抗議活動に加わると、大歓声が上がった。グレタさんを一目見ようと、多くの関係者ややじ馬、報道陣が集まり、会場は一時、大混乱に陥った。

 グレタさんはCOP25の会場が南米チリからスペインに変更になったため、11月中旬に北米を出発し、大西洋をヨットで横断して今月3日にポルトガル・リスボンに到着。6日、鉄道でマドリードに入った。(マドリード=松尾一郎)