[PR]

 テレビ東京が0~2歳児向けの赤ちゃん番組「シナぷしゅ」を制作しました。視聴率の年代別調査は4歳以上が対象ということもあり、民放での赤ちゃん番組は極めて異例です。背景には、乳児のテレビ視聴を疑問視する声もある中で、わが子に安心して見せられる番組を作りたいという、作り手の強い思いがありました。

赤ちゃん目線を徹底

 「シナぷしゅ」は、有志の社員5人が部署を超えてつながり、プロデューサーとなって企画した。全員が子育て中。赤ちゃんに適切な刺激を与え、脳の神経細胞をつなぐ「シナプス」を増やすことと、「朝の忙しい時間に、親御さんも肩の力を『ぷしゅー』っと抜いてほしい」(岡林曜子プロデューサー)という狙いがこめられた。

 内容は徹底した赤ちゃん目線。

 例えば「乳幼児にウケる技術」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら