[PR]

 合成麻薬MDMAが若者の間で広がっている。俳優の沢尻エリカ被告(33)=麻薬取締法違反罪で起訴=も所持したとされる、手軽でポップな「ゲートウェー・ドラッグ(入門薬物)」は心身をむしばみ、新たな薬物への欲求をかき立てる危険をはらんでいる。(稲垣千駿、河崎優子)

 「錠剤は1錠5千円。沢尻被告の自宅にあったというカプセルのタイプは『ピュア』と言って純度が高く、1錠7千円だった」

 東京都内の20代女性は以前、MDMAの密売に関わった。東京・渋谷や六本木のクラブに常駐する仲介役から、やり取りの残らないSNSを使って注文を受け、すぐさま店へ。仲介役と目で合図を交わして客を確認し、声をかけた。「店内は音楽が大音量で流れていて薄暗いから、ばれにくい」。10代後半~30代ぐらいに人気だったという。

 東京都中野区の会社員男性(4…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら