[PR]

 木のおもちゃで遊んだり、木の実を使ったクラフト作りなどを体験できる「金沢の森育(もりいく) クリスマス・ヴィレッジ」が、金沢市民芸術村(同市大和町)で開かれている。8日まで。

 会場には、木製の食器、木のたまごのプール、積み木などが並んでいる。子どもが自作した楽器で参加できる市民オーケストラの演奏会や、大工さんからイス作りを習う木工教室も。かんな削りを体験した石川県白山市の小学4年生、田中優翔さん(10)は「木のぬくもりや匂いが感じられて楽しかった。また来たい」と話していた。

 イベントは、小さな頃から木の魅力に触れて、森林保護や環境への意識を高めてもらおうと市が毎年開いている。今年で4回目。市森林再生課の坂口真由美・主任主事は「木を使わないと森が荒れ、洪水の原因にもなる。親しみをもって欲しい」。

 午前10時~午後4時。入場無料。有料で予約が必要な体験もある。一部は7日のみの開催。(木佐貫将司)