[PR]

 生後4カ月の長男を殴ってけがをさせたとして千葉県職員の父親が傷害容疑で県警に逮捕された事件で、父親が「発覚しなければ、このまま継続的に虐待行為を繰り返していたと思う」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。長男は頭の骨や肋骨(ろっこつ)が折れ、内出血などを含む計8カ所の傷があり重傷。県警は日常的に虐待を受けていたとみて調べている。

 県警によると、傷害容疑で6日に逮捕されたのは、県政策法務課主事、石谷健二容疑者(23)=千葉市稲毛区。11月下旬ごろ、自宅で長男の顔を手で殴り、軽傷を負わせた疑いがある。長男は5日、千葉市児童相談所が一時保護し、現在は入院中。

 捜査関係者によると、石谷容疑者は「あやしても泣き声がやまなかったのでいらいら感が募った。だっこしても泣きやまず、タオルを敷いた床の上に置き、より強く右拳で殴った」などと供述しているという。

 石谷容疑者は妻と長男の3人暮らしで、妻と共に育児休業中だった。妻は長男の体にあざがあることに気づいており、病院を受診させたという。児相によると、妻は3日に受診した病院で「だんだん青あざが増えていき、原因も思い当たらず、血液の病気かと思って心配になった」と話したという。(福冨旅史、多田晃子)