[PR]

 秋田市の中心市街地を照らすイルミネーション「あきた光のファンタジー」が7日から始まった。来年2月末まで続く。

 JR東日本秋田支社や地元商店街などの主催で、今年で5回目。JR秋田駅からエリアなかいち(中通1丁目)、秋田キャッスルホテル(同)にかけての市街地を、LED電球で照らす。

 7日に秋田駅西口であった点灯式では、秋田公立美大の学生が制作した映像が駅連絡通路の天井に投影されたほか、ジャズ演奏のライブがあり、雰囲気を盛り上げた。点灯時間は秋田駅西口が午後4時半~午前0時半、なかいちが午後5時~午前0時、キャッスルホテルが午後4時半~11時。(曽田幹東)