拡大する写真・図版シュミット望遠鏡

[PR]

 最新のデジタル技術で、宇宙の「動画」撮影が可能になってきた。長時間露出の撮影が当たり前だった天文学の常識を覆し、刻一刻と変化する現象を次々ととらえている。知られざる宇宙の姿を解き明かす新しい天文学が芽生えている。

太陽系の果ての天体を解明

 今年6月28日夜、へび座にある小さな星の光が、45秒間だけ消えた。

 はるか遠くにある星の手前を、別の天体が横切る「掩蔽(えんぺい)」という現象だ。この日、日本で観測できるという予報があり、東京大の木曽観測所(長野県木曽町)にある口径105センチのシュミット望遠鏡が狙っていた。

 手前を横切ったのは、海王星より遠くを回る天体「クワオアー」。直径は約1100キロと冥王星の半分近い。小惑星としては極めて大きく、大気があるかどうかが注目されていた。

 クワオアーにもし大気があれば、隠される星の光は大気で屈折してゆっくり消え、ゆっくり戻るように見える。逆に大気がなければ、消えるときも戻るときも一瞬だ。さあ、どっちだ。研究者たちは、シュミット望遠鏡に搭載された高感度動画観測カメラ「Tomo―e(トモエ) Gozen(ゴゼン)」が撮影した映像に見入った。

 光の変化は、一瞬だった。

 米天文学会誌に今月掲載された…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら