[PR]

 生後8カ月の次女を揺さぶるなどして頭部に重傷を負わせたとして高知県警高知東署は12月8日、高知市薊野北町4丁目の産業廃棄物処理会社員山下真司容疑者(34)を傷害容疑で逮捕し、発表した。「けがをさせたことは間違いないが、故意ではない」と容疑を否認しているという。次女は一時、心肺停止状態で現在も意識不明の重体。

 署によると、山下容疑者は2月19日午後7時半~翌20日午前0時ごろ、自宅で次女の体を揺さぶるなどして急性硬膜下血腫、急性低酸素脳症などの重傷を負わせた疑いがある。

 山下容疑者は20代の妻、長女(5)、次女との4人暮らし。当時、妻は仕事で外出しており、長女と次女は就寝中だったという。山下容疑者が自ら119番通報した。高知市の中央児童相談所が長女を3月から一時保護している。長女と次女に外傷はないという。