攻め続けたJ2徳島 昨年の悪夢を糧に味方動かした野村

有料会員記事

内田快
[PR]

 サッカーのJ1参入プレーオフは8日、2回戦でJ2で4位の徳島が本拠の鳴門ポカリスエットスタジアム(徳島県鳴門市)で6位の山形を1―0で下し、決定戦に勝ち上がった。徳島はJ1で16位の湘南と、14日にJ1とJ2の入れ替え戦となる決定戦を敵地で戦い、勝てば2014年以来のJ1復帰となる。

 決勝点をアシストした徳島のFW野村直輝は特別な思いを持って、2回戦のピッチに立っていた。

 リーグ戦上位は引き分けでも…

この記事は有料会員記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。