[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争うGPファイナルは8日、イタリア・トリノでエキシビションが行われ、閉幕した。

 男子総合2位の羽生結弦(ANA)は、66年ぶりの五輪連覇を達成した平昌(ピョンチャン)五輪のエキシビションで滑った星降る夜の愛をテーマにした「ノッテ・ステラータ」を優雅に舞った。優勝したネーサン・チェン(米)はバックフリップを披露した。

 女子総合4位の紀平梨花は金色の衣装に身を包み、3回転サルコーを着氷させるなど観客を沸かせた。総合3位のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)は左半身が黒色、右半身は白色の奇抜な衣装で、4回転トーループを決めた。

 ジュニアGPファイナルの男子を制した佐藤駿(埼玉栄高)も出演し、トリプルアクセル(3回転半)などを跳んだ。(トリノ=大西史恭