[PR]

惜別 川端俊介さん 「スローカーブを、もう一球」の主人公 56歳

 群馬の県立進学校の投手が山なりのカーブを武器に、チームを甲子園初出場に導く――

 翌春の選抜高校野球大会の重要な選考資料となる1980年秋の関東大会で、準優勝した高崎高校。その快進撃を描いた山際淳司さんの短編ノンフィクション「スローカーブを、もう一球」の主人公だった。

 「多分に、ひねている。ひねているから、しかし、彼はのっぺりとした高校球児のように汗と涙だけで甲子園を夢みたりはしない」と書かれた。身長170センチ余り。特に体格に秀でたわけでもない。姉の森和子さん(58)は「足は遅いし、運動神経も私の方がいいくらい」と言う。

 練習に耐えかね、野球をやめよ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら