[PR]

 神奈川県内を走行中の東海道新幹線の車内で昨年6月、乗客の男性を刃物で殺害し、女性2人にけがを負わせたとして、殺人などの罪に問われた住所不定、無職小島一朗被告(23)の裁判員裁判が9日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)であった。検察側は「落ち度のない被害者を狙った計画的な無差別殺人。反社会的で酌量の余地がない」などとして無期懲役を求刑した。判決は18日に言い渡される。

 論告を前に重傷を負った女性が証言に立ち、「私の心は一度死にました。(被告を制止しようとして)亡くなった男性への罪悪感、悲しさ、襲われる恐怖感はなくなりません」と述べた。

 公判で被告は事件を起こした動機を「一生刑務所に入りたかった」と説明。出所した場合、「なにかしらの殺人を起こそうと思う」とも述べている。

 検察側によると、被告は中学卒…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら