[PR]

 立憲民主党や国民民主党など野党統一会派と共産党は9日午前、この日閉幕する臨時国会の会期について、40日間の延長を求める動議を大島理森・衆院議長に提出した。動議は午後に開かれる衆院議院運営委員会で議論され、与党側の反対で否決される見通し。

 動議は、首相主催の「桜を見る会」をめぐり、「国民の信頼を裏切る事態が惹起(じゃっき)され、公的行事の私物化の疑いが指摘された」ことを理由に挙げ、「真相究明には会期の延長が不可欠」としている。

 立憲の安住淳国会対策委員長は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら