[PR]

 10月に始まった幼児教育・保育の無償化で、山梨県も普及を図っている、自然保育に力を入れたいわゆる「森のようちえん」が無料にならないケースが出ている。3~5歳の「すべての子どもが対象」という国の説明と食い違い、戸惑いが広がっている。

入園希望者減 運営厳しく

 「私は横浜出身ですが、子育ての場所として北杜市を選び、引っ越してきました。『ピッコロ』がなくなってしまうと困ります」

 先月28日、北杜市に支援を要…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら