[PR]

 トレーニング機器「シックスパッド」などを販売するMTG(名古屋市)が9日発表した2019年9月期決算は、純損益が262億円の赤字(前年は40億円の黒字)だった。主力の美容機器の苦戦に加え、不適切な会計処理も発覚。業績予想を3度下方修正し、決算発表は予定より1カ月近く遅れていた。成長企業と期待された同社だが、上場2年目で急失速した。何が起きたのか。

 売上高は前年比38・3%減の360億円、営業損益は144億円の赤字(前年は69億円の黒字)。収益性の悪化に伴う固定資産の減損などで特別損失は100億円にのぼった。

 主力の美容ローラー「リファ」はこれまで、中国での転売目的で中国の業者が大量に買う「代理購入(代購)」に大きく依存してきた。

 しかし、中国政府が今年から代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら