[PR]

 ニュージーランド北部のプレンティ湾にあるホワイト島の活火山が9日午後2時11分(日本時間同日午前10時11分)、噴火した。警察の発表によると、島や周辺にいた観光客のうち23人が救出されたが、5人の死亡が確認された。やけどなどのけがを負った人も複数いるほか、行方不明者が多数おり、死者が増える可能性がある。

 噴火時には最大で50人ほどの観光客がいたという。警察は、島に取り残されるなどして行方がわからない人が10人以上いるとみているが、上空などから確認した結果、生存者はいないとの見方を示した。再度の噴火の可能性もあり、すぐに現地で捜索を再開することは困難という。

 ホワイト島へは、約50キロ離れた湾岸の町ファカタニなどから日帰りの観光ツアーが出ており、年間約1万人が訪れる。噴火時に島内にいた人の大半が観光客とみられ、外国人もいる模様だ。在オークランドの日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。噴煙は約3600メートルの高さまで上がったが、政府はニュージーランド本土に大きな影響はないとしている。

 ホワイト島の活火山は、15万~20万年前に活動を始めたといわれ、最近では2012年と13年、16年にも噴火した。ツアー業者のホームページによると、参加者はヘルメットと防毒マスクを提供され、ガイドの案内で蒸気が噴き出す火口にも近づく。だが、噴火への警戒は十分だったのかを指摘する声も出始めた。

 地元紙ニュージーランド・ヘラルドなどによると、火口では、11月後半から硫黄ガスの発生量と振動が増える状況が見られ、火山活動の5段階の警戒レベルは「危険な噴火が起こる潜在的な可能性がある」という、レベル2に上がっていた。ただ、ツアーの実施は業者の判断に任されていたという。

 警戒レベルは9日の噴火直後に「中規模の噴火が起こる」とするレベル4まで上がり、その後、「小規模な噴火が起こる」というレベル3に下がった。(シドニー=小暮哲夫)