[PR]

 神戸市立神戸アイセンター病院と理化学研究所などのチームが9日、様々な細胞になれるiPS細胞からつくった「視細胞」を、失明のおそれがある目の難病の患者に移植する臨床研究について、大阪大の委員会に申請したと発表した。来年度中に1例目の移植をめざす。

 研究の対象は、主に遺伝が原因で視細胞の性質が変わる病気「網膜色素変性症」の患者。暗い場所で見えにくくなったり、視野が狭まったりする。国内に患者は約4万人という。視細胞に関わる遺伝子は少なくとも70以上あるとされ、確立した治療法はない。

 臨床研究では、京都大iPS細胞研究所が備蓄しているiPS細胞から視細胞の元になる未熟な網膜組織をつくって直径1ミリほどのシート状にし、患者の目に移植する。目の奥にある網膜は、光を感じる視細胞などでできている。視細胞で感じた光は、視神経を通って脳に伝わる。

 移植した細胞は目の中で成熟して視細胞となり、神経とつながれば、光を感じられるという。患者の視野を広げたり、病気の進行を遅らせたりする狙い。

 研究チームの万代(まんだい)道子・理研副プロジェクトリーダーらは、失明したマウスやラットが、iPS細胞からつくった視細胞を移植されると、光に反応することを確認した。また、サルでは目の中に移植した細胞が2年以上定着していることも確認している。

 目の中で成熟させるため、網膜以外の細胞が混じれば腫瘍(しゅよう)化するおそれもあるが、網膜になる細胞だけを移植すれば、腫瘍化するリスクは高くないという。拒絶反応を抑えるため、免疫抑制剤を使う。臨床研究は安全性を確かめるため、病気が進行してほとんど見えない患者2人にシートを移植する予定という。

 理研のチームは、2014年に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら