[PR]

 約7億2千万円相当の大量の覚醒剤を密売目的で隠し持っていたとして、大阪府警は、指定暴力団稲川会系組員の工藤正志容疑者(53)=横浜市南区=を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕・送検し、9日発表した。

 薬物対策課によると、工藤容疑者は10月16日、横浜市南区のトランクルーム内のスーツケースと保冷ボックスに、小分けされた覚醒剤約12キロを隠していた疑いがある。認否は明らかにしていない。

 府警は4月、大阪市内で活動していた密売人とみられる男2人=同法違反の罪で起訴=の拠点先のマンションを家宅捜索。室内から検出された指紋から工藤容疑者を割り出し、行方を捜査していた。