[PR]

野党「『総理隠し国会』だ」

 「桜を見る会」をめぐる問題が大きな焦点となった臨時国会は9日、閉会した。

 「えー?」

 「桜を見る会、どうするんだ!」

 今国会で最後となった衆院本会議。野党が要求した会期延長をめぐり、大島理森衆院議長が「議院運営委員会の採決の結果、会期は延長しないこととなりました」と報告すると、野党議員たちは一斉に与党への反発の声を上げた。

 「一言で言うと『総理隠し国会』でしたね。今後も徹底的に追及したいと思います」

 立憲民主党の安住淳・国会対策委員長は本会議後、桜を見る会問題の真相解明に引き続き取り組む考えを記者団に強調。これに先立つ野党統一会派の衆院議員の会合では「さまざまな疑問が越年になる。総理は(国会での説明から)逃げ回り、私は捜索願を出したいぐらいの気持ちだ。(追及は)反復・継続をしていかなければならない」と訴えた。

 桜を見る会問題が与野党攻防の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら