[PR]

記者解説 国際報道部・峯村健司

 「シンガポール会談は、米政府内ではタブーだよ」

 今秋会ったホワイトハウス高官は、自嘲気味に語った。史上初の米朝首脳会談の実現は、トランプ米大統領の「レガシー」になるはずだったのに、否定的な見方が強まっているという。

 2016年の大統領選でトランプ氏は、貿易交渉で中国に強い態度で臨むことを重要公約として掲げた。一方、北朝鮮にはほとんど言及しなかった。ところが、就任後はミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮に危機感を抱いた。そんな中、中国から協力を引き出そうと、貿易問題と絡めた「ディール(取引)」を持ちかけた。

 「北朝鮮問題を解決してくれれば、米国との貿易合意も良くなると説明した」。17年4月、習近平(シーチンピン)・中国国家主席との初会談の後で、トランプ氏はこのようにツイートした。中国もその後応じ、北朝鮮間の税関の検査強化に加え、国境警備を強めるようになった。

記事のポイント
・トランプ米政権は北朝鮮問題を解決しようと、貿易問題を絡めて中国に協力を求めた
・米国は中国抜きで北朝鮮との直接対話にシフト。中国は経済援助をてこに巻き返し
・米朝協議は事実上決裂。米国との貿易紛争を受けて、中国も北朝鮮問題で「報復」

正恩氏をプロファイリング

 トランプ氏は、北朝鮮政策の見直しにも着手した。17年5月にはポンペオ中央情報局(CIA)長官(当時)に専門組織「朝鮮ミッションセンター」を設けるよう指示し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の性向を割り出す「プロファイリング」に着手した。

 北朝鮮との交渉に直接かかわる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら