[PR]

 アフガニスタン東部ジャララバードで人道支援に取り組んできたNGO「ペシャワール会」(事務局・福岡市)の現地代表、中村哲(てつ)医師(73)らが車で移動中に銃撃され、殺害された事件で、地元警察は9日までに、事件に関わった疑いで男2人を逮捕した。容疑の詳細は不明。警察幹部や州政府幹部が明らかにした。

 朝日新聞の電話取材に応じた州政府幹部によると、男2人の自宅から武器や治安機関の制服が見つかったという。2人の役割は明かさなかった。

 目撃者によると、今回の事件の襲撃犯は私服だった。治安機関員に扮した襲撃の際に制服が使われることがあり、警察は2人がなんらかの形で事件に関わっていた証拠とみている。

 同国では容疑が固まる前に疑わしい人物の身柄を確保し、後に証拠不十分で釈放するケースが少なくない。地元警察は首都カブールから派遣された特捜チームと連携して、2人の関与の度合いや背後関係を調べる。

 同会の村上優会長は「中村先生が亡くなったという事実が一番の大きな出来事であり、事件の背景についてはコメントできません」とコメントした。(バンコク=乗京真知)