[PR]

 SNSで知り合った小学生の10代の女児と性行為をしたとして、広島県警呉署は9日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)理工学研究科の学生で、海上自衛隊1等海尉の田中隼人容疑者(30)=同県大和市=を強制性交等の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 署によると、逮捕容疑は11月4日午前11時~午後5時半ごろ、広島県呉市内のホテルで、女児が13歳未満だと知りながら性行為をしたというもの。女児の父親が被害届を出し、女児の携帯電話などから田中容疑者の関与が浮かんだという。

 国分良成・防衛大学校長は「本校研究科学生が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を調査し、厳正に対処するとともに、全学生に対する服務指導の徹底を図っていく」とのコメントを出した。