[PR]

 大津市で5月、右折車と直進車が衝突し、巻き添えで保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの罪に問われた無職新立(しんたて)文子被告(53)の公判が10日、大津地裁であった。検察側は「結果は極めて重大で、反省も不十分」などと述べ、禁錮5年6カ月を求刑。弁護側は「過失は重大ではない」などとして情状酌量を求め、結審した。判決は来年1月16日。

 この日の公判では、遺族が被害者参加制度を使って意見陳述し、亡くなった女児の父親は「娘を返してほしい」と声を詰まらせた。

 起訴状によると、被告は5月8日午前10時15分ごろ、大津市大萱(おおがや)6丁目の滋賀県道交差点で、時速約10キロで乗用車を右折させ、対向車線を直進してきた軽乗用車の右前に衝突。歩道の保育園児らの列に軽乗用車を突っ込ませ、園児2人を死亡させ、園児と保育士の14人に重軽傷を負わせたとされる。

 被告は8~9月、出会い系サイトで知り合った県内の男性をLINEで脅したなどとして、脅迫やストーカー規制法違反などの罪でも10月に起訴されている。(比嘉展玖、安藤仙一朗)