[PR]

 自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料が2020年度にも引き下げられる見通しとなった。2017年4月以来約3年ぶりで、下げ幅は10%ほどで調整している。事故が減って保険金支払いも減っていた。

 来年1月の金融庁の審議会を経て正式に決める。今の自動車保険料(2年契約、沖縄・離島は除く)は乗用車2万5830円、軽自動車2万5070円。数千円の値下げの見込みだ。

 自賠責保険は車の保有者に加入が義務づけられる保険。自動ブレーキなどの搭載車が増え、自動車事故は減る傾向にある。17年には金融庁の審議会が平均6・9%の引き下げを決めている。(新宅あゆみ)