[PR]

 3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が14日夜~15日未明、活動のピークを迎える。今年は満月過ぎの月が夜空を照らしていて条件はあまりよくないが、それでも1時間に20個ほどの流星が見られる可能性がある。国立天文台は「月を直接見ず、なるべく空の広い範囲を見渡すように」とアドバイス。目が暗さに慣れるまで最低15分は観察を続けるといいという。

 ふたご座流星群は、夏のペルセウス座流星群、正月のしぶんぎ座流星群と並んで流れ星が多く流れる。流れ星は、冬を代表するオリオン座の北側にあるふたご座を中心に、夜空のどこにでも現れる。出現のピークは15日午前4時ごろで、ふたご座が空の高くにあがる14日午後10時以降が観測しやすいという。

 気象情報会社「ウェザーニュース」によると、14日夜から15日明け方にかけて東日本と西日本の太平洋側は晴れの見込み。日本海側は雨や雪がちになりそうだ。寒さが厳しいため、同社は万全な防寒対策を呼びかけている。

 流星群は、彗星(すいせい)がまき散らしたちりが、地球の大気で燃え尽きる際に光る現象。国立天文台によると、ふたご座流星群は、およそ1年半ごとに地球の軌道に近づくフェートンのちりが原因とされている。

    ◇

 ふたご座流星群を観察するライブ中継を、朝日新聞社のユーチューブチャンネル(https://youtu.be/pFd9nU9gxNY別ウインドウで開きます)で配信します。(石倉徹也