[PR]

 菅義偉官房長官は10日午前の閣議後会見で、「桜を見る会」の招待者数が安倍政権下で増え続けてきたことへの認識を問われ、「もちろん反省している」と述べた。一方で、会の問題について「新たな調査を行うことは考えていない」と従来の立場を繰り返した。

 「反省点」を問われた菅氏は、「長年の慣行を続ける中で、私どもの政権の期間が長くなるにつれ、招待者の方も多くなった。国民のみなさんに理解いただく方向に持っていきたい」と述べた。事実解明と検証の必要性を問われ、「国民のみなさんに説明しきれない問題点が指摘されているわけで、そこを中心に理解をいただけるよう対応を取る」と話したものの、検証については明言を避けた。

 また政府は同日、名簿について「復元することは考えていない」とする答弁書を閣議決定した。立憲民主党の中谷一馬衆院議員の質問主意書に答えた。中谷氏は公文書をすべてデジタル化し、永久保存する考えについても尋ねたが、公文書管理法に基づく運用をしているとして「考えていない」とした。

 会見での主な質疑は次の…

この記事は有料会員記事です。残り839文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り839文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り839文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら