静岡)図書カード贈った「タイガーマスク」、正体が判明

有料会員記事

須田世紀
[PR]

 漫画「タイガーマスク」の主人公を名乗り、静岡県磐田市役所に手紙と図書カードを9年間送り続けた人物が10日、姿を現した。活動を報じた新聞やテレビで渡部修市長が「会いたい」とメッセージを送り、市役所で面会が実現した。

 贈り物の差出人は「伊達直人」。その「正体」は、市内の私立幼稚園園長の座光寺明さん(61)だった。児童養護施設などにランドセルや文具などを贈る「タイガーマスク運動」が全国的に話題となった2011年1月に活動をはじめた。

 その後、「タイガーマスク」のニュースが流れた時の園長の様子で職員が気付き、職場に募金箱が置かれるようになった。以降、差出人は「伊達直人と仲間たち」に変わった。

 今年で10回目になるプレゼ…

この記事は有料会員記事です。残り195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら