【動画】セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長が残業代未払いで会見=北村玲奈撮影
[PR]

 セブン―イレブン・ジャパンは10日、全国各地の加盟店でアルバイトらの残業代の一部が未払いだったと発表した。本部のミスが原因で、1970年代から続いてきた。本部にデータが残る2012年3月以降だけで対象は8129店の計3万405人、未払い額は遅延損害金の1億1千万円を含めて4億9千万円にのぼる。

 未払いは01年に本部が把握していたにもかかわらず、公表せず、それ以前の未払いを放置していた。24時間営業をめぐる店主との対立や、スマートフォン決済の廃止に揺れてきたコンビニ最大手への批判が、強まりそうだ。

 永松文彦社長は10日、都内で記者会見し、「多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と陳謝した。社長自身の月額報酬3カ月分について10%を自主返納する。

 セブンでは、本部とフランチャイズ契約を結ぶ加盟店がアルバイトらを雇い、人件費を負担。給与の計算や支払いは、本部が代行している。本部が計算式を誤り、労働基準法に沿っていなかった。ことし9月、加盟店が労働基準監督署から是正勧告を受けた。

 ただ、セブン本部の説明によると、未払いはそれ以前の70年代から、違う形のミスで続いていた。セブンの創業は73年だ。

 01年、加盟店に労基署から指…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら