写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

村山斉の時空自在〈19〉

 令和2年の元日。読者のみなさまは初日の出は拝めたでしょうか。

 太陽がなかったら私たちは生きられない。真っ暗闇で何も見えないし、寒さで凍えて死んでしまう。太陽は骨身を削って私たちに恵みを与えてくれている。なんと毎秒40億キログラムずつ軽くなっている。削った骨身が光と熱となり、私たちの生活を支えている。

 太陽などの星は元素の組み立て工場で、水素を4個くっつけてヘリウムを作る。この反応の前後で物質を比べると重さが減っている。アインシュタインの有名な式、E=mc2によると、エネルギー(E)と物質の重さ(m)は等価で入れ替われる。光の速さ(c)はとても大きな数なので、わずかな重さが大きなエネルギーに変わる。

 太陽の中心で本当にそんな反応…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら