【動画】台風で消失した灯台が復活=外尾誠撮影
[PR]

 昨秋の台風で灯台が消失した鹿児島県奄美市の名瀬港で10日、新灯台がお目見えした。第10管区海上保安本部がLED灯器を取りつけ年内に完全復旧する。

 繊維強化プラスチック製で、高さ4・35メートル、重さ400キロ。高波や暴風の抵抗を減らすため高さは半分近くに、直径も5分の1ほどに小ぶりになった。

 灯台と基礎をつなぐボルトのさびが消失原因だったため、本体を基礎に埋め込んだ。「これで大きな台風も大丈夫」と担当者。灯台の未来も明るい?