[PR]

 読売テレビの報道番組「かんさい情報ネット ten.」(関西地区)が一般人の性別を執拗(しつよう)に確認する街頭ロケのVTRを流した問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(神田安積委員長)は10日、放送倫理違反があったと認定する意見を公表した。

 審議対象は5月10日の放送回。番組内のロケ企画でお笑い芸人が大阪市内の飲食店を訪ね、ある一般客に「性別はどちら?」と確認したり、健康保険証の性別欄を確認したりする様子をVTRで放送した。他にも、芸人がその客に対し、「おっぱいあります?」と尋ね、客が「ちょっと触ってみます?」と答えると、胸のあたりに触れる場面もあった。

 意見書では、個人情報の取り扱いに注意し、プライバシーを侵すような取り扱いをしないことを定めた日本民間放送連盟(民放連)の放送基準などに反すると指摘。また、適正な言葉や品位ある表現を心がけるよう求めた放送倫理基本綱領と、「人権の尊重」「報道における表現は、節度と品位をもって行わなければならない」と求める民放連の報道指針に反する放送倫理違反があったとした。

 神田委員長は10日に行われた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら