[PR]

 取り壊す前の国立競技場に入っていた秩父宮記念スポーツ博物館の再開の見通しが立たない。新しい国立競技場に入る予定だったが、ザハ・ハディド氏の当初案が白紙撤回された後、現在の建設計画をつくる際に入れないことが決定。来年の東京五輪・パラリンピックの際に国立競技場を訪れる多くの人たちに見てもらえるはずだった収蔵品は、東京都足立区の倉庫でひっそりと過ごしている。

 駅から徒歩10分以上かかる静かな住宅街に、その倉庫はある。秩父宮記念スポーツ博物館は、「スポーツの宮様」と親しまれた秩父宮の功績をたたえ、1959年に旧国立競技場内に設置された。国内唯一の総合的なスポーツ博物館で、64年東京五輪など過去の五輪関係資料や明治期から現代までの日本スポーツ史に関する資料など約6万件、江戸後期からの貴重書など約16万冊の図書資料を有した。

 当初は引き続き新競技場内に整…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら