[PR]

取材考記

 国会を馬鹿にしているのか。臨時国会の焦点のひとつだった日米貿易協定。20時間超の審議で政府の説明ぶりを聞いての感想だ。

 政府はこの協定を、両国にとって「ウィンウィン(双方の勝ち)」だったという。本当にそうなのか、じつは米国に押し込まれたのではないか、と野党が追及する構図で審議は進んだ。

 しだいに浮かび上がったのが、日本にとっての「勝ち」を裏付けるデータの乏しさだ。

日本の「勝ち」は本当か?

 協定文の表現はあいまいで、「勝ち」にも「負け」にも読み取れる。なぜ「勝ち」と言えるのか。野党は裏付けの資料を出すよう求めたが、政府はほとんど応じなかった。

 米国が日本から輸入する自動車…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら