【動画】セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長が残業代未払いで会見=北村玲奈撮影
[PR]

 コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパンは10日、店のアルバイトらの残業代の一部が未払いだったと発表した。2012年3月から19年11月の支払い分として、全国8129店の3万405人に未払いがあった。金額は遅延損害金1億1千万円を含めて4億9千万円にのぼる。

 永松文彦社長が10日午後4時から東京都内で記者会見した。「加盟店様に提供している残業代の一部支払いが不足していることが判明した。多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げる」と陳謝し、頭を下げた。永松社長の月額報酬の10%を3カ月間減給する処分も公表した。

 セブンでは、フランチャイズ加盟店がアルバイトらを雇い人件費を負担する。ただ、給与の計算はセブン本部が代行しており、その計算式が誤っていたことが今年9月の労働基準監督署の指摘で発覚した。

 時間給で働く従業員が休まずに出勤した場合に払う手当や、職務の責任に対して払う手当について、その残業代の計算の方法が、労働基準法で定められた方法と違っていた。

 問題となった計算式は01年10月から使ってきた。ただ、未払いそのものは1970年代から続いてきた。未払い分を精査し、すべて本部が支払うという。

 ◆ご意見や体験をkeizai@asahi.comメールする にお寄せください。