【動画】ファシリティードッグとの対面を果たした清武琳君=宮坂知樹撮影
[PR]

 生まれつきの病気で入退院を繰り返している福岡県粕屋町の粕屋中央小5年、清武琳(りん)君(10)が自らの経験をもとに、入院中の子どもに寄り添う「ファシリティードッグ」を広めようと取り組んでいる。13日には、興味をもつきっかけになったゴールデンレトリバーが働く神奈川県立こども医療センター(横浜市)を訪れ、念願の対面を果たした。

 清武君は生まれつき、背骨が横に曲がる脊柱(せきちゅう)側彎(そくわん)症と右側肋骨(ろっこつ)の欠損がある。5歳の頃から年2回、福岡市立こども病院に入院し、手術を受けている。

 ファシリティードッグに興味をもったきっかけは偶然だ。学校に届いている昨年10月25日付毎日小学生新聞に目を通したとき、「ベイリーありがとう ファシリティードッグ引退」の記事が目にとまった。2012年から神奈川県立こども医療センターで働いた10歳のオスのベイリーの引退と、後任で2歳のメスのアニーを紹介していた。

 「病院に犬がいるの?」。記事を読んでびっくりした。清武君が入院するこども病院は、きょうだいでも病室に入ることができない場合があるからだ。面会に行く両親と引き離され、泣きじゃくる幼いきょうだいを何人も見てきた。「犬はほえるし、毛が落ちるのに、何でだろう?」

 清武君も年2回の手術はいまだ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら