[PR]

 警備会社「セコム」の社員が警備で出動した顧客宅から貴金属品を盗んだ疑いで逮捕された事件で、兵庫県警本部に勤務する警察官の自宅も被害に遭っていたことがわかった。

 県警は10日、セコム元社員、坂上直希容疑者(24)=11月1日付で懲戒解雇、窃盗罪で起訴=を窃盗容疑などで再逮捕し、発表した。捜査3課によると、再逮捕の容疑は、9月14日午後、尼崎市内の警察官宅に侵入し、腕時計(時価約60万円相当)を盗んだというもの。この住宅の警報器が作動し、警戒中だった坂上容疑者が合鍵で侵入したという。

 同課によると、坂上容疑者は容疑を認め、「盗んだものは売却して手元に残らないので、ばれないと思った」という趣旨の供述をしているという。侵入したのが警察官宅だったことは知らなかったという。

 坂上容疑者は同様の手口で、尼崎市内の顧客宅から貴金属品などを盗んだとして、すでに2回逮捕されている。